トップページ | 2007年3月 »

隅田川散策

住んでみてわかったことは、意外と浅草まで近い?ということ。

さっそく天気もいいので隅田川沿いの散策をかねて歩いてみることにしました。

Dsc09770

まずは自宅から清洲橋をくぐります。

Dsc09773

途中には東京消防庁の船も係留されています。

Dsc09775

次に見えてくるのが新大橋。ここで対岸に渡ります。

Dsc09776

新大橋を渡っている途中から清洲橋方面をみるとちょうど観光船が。

Dsc09784_1

続いて両国橋。

Dsc09790

両国橋を渡るとところどころにロープが。

Dsc09791

その先には作業をしている方もいます。

Dsc09793_1

すもうの決まり手を柵に取り付けしている工事でした!

さすが両国!

Dsc09799_1

総武線の陸橋を電車が通過するときにちょうど船が真下を通って行きました。

Dsc09810

蔵前橋が見えるところまで来ると、右側には国技館が。

Dsc09811

住所表示板を見ると、さすが両国だけあって「横綱」という地名が

あるんだなー、と感心してたら、よくよく見ると「ヨコアミ」でした。

Dsc09818

両国国技館。今度は本場所開催中に来たいですね。

ここまで家から約1時間でした。

Dsc09825

続いて見えてくるのが厩橋。

Dsc09829

さらに駒形橋と続きます。ここまでくると浅草までもう少し。

Dsc09832

そして、吾妻橋を渡れば浅草です。

Dsc09849

吾妻橋の上からは有名なアサヒビール社屋も見ることが出来ます。

Dsc09855

吾妻橋を渡りきって浅草までゴール!歩いて約1時間30分のお散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤ウォーキング

徒歩4分の場所に水天宮前駅、10分圏内に、人形町駅、茅場町駅、

さらにもっと足を伸ばすと、小伝馬町、東日本橋、三越前、馬喰横山等たくさん

地下鉄の駅はあるのですが、

この3ヶ月間での目標はウォーキングで東京駅まで往復すること!

とまわりに宣言して回っているので、毎日30分かけて東京駅まで歩いております。

Dsc09994

自宅から見る隅田川越しの朝日はとてもきれい!まわりの騒音もなくとても快適です。

が、ここからのウォーキング通勤路は一気に都会へと引きずり込まれます。

Dsc09999_1

まずはTCATを横目にみながら、

Dsc00003

いいなー海外と思いつつ、行きかうリムジンバスを見送ります。

Dsc00004

そして4重になった高速道路の下をくぐり、

Dsc00010

湊橋を渡ります。

Dsc00013

そして永代通りをよこぎります。奥に「コレド日本橋」も見えます。ココを右折して

日本橋経由でもいけるのですが、出勤する人が多く逆流するので朝は避けます。

Dsc00016

日本橋川を渡って、

Dsc00025

八重洲通りに出ます。つきあたりが東京駅!

Dsc00029

宝町インター付近の首都高の上を渡って、

Dsc00034_1

昭和通りの交差点を直進します。

Dsc00044_1

もうすぐ東京駅。

Dsc00052

東京駅八重洲口に到着!

東京駅といえば丸の内口の駅舎が有名ですが、

こちらも貫禄のある荘厳なたたずまい。

というわけでこのためにスニーカーとリュックを調達し、

ウォークマンを聞きながら毎日歩いています。3ヵ月後の成果を乞うご期待! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部屋からの景色

先週引っ越しましたが、決め手となったのは「リバーサイド」ということでしょうか。

なかなか隅田川沿いに住む機会ってないので、思い切ってココにしました。

Dsc09794_1

バルコニーからは清洲橋が見えます。

Dsc09958

川くだりの船が行ったり来たり。

Dsc09799

ちなみにこの中のどこかです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン

突然ですが、昨日「東京マラソン」を見に行きました。

走ったわけではなく、応援しただけですが。

でも初めてみるマラソンは雨や寒さを忘れて応援しているほうも感動しました。

そうです。実は歩いて3分ほどの場所がコースだったんです!

その理由はまた改めて。

Dsc00035_2

まずは浜町付近で応援。

Dsc00032_2

振り返るといつもでは考えられない閑散とした道路!

Dsc00053_1

水天宮前に戻って応援。通りには「東京マラソン」ののぼりも。

ということで3ヶ月だけ住むことになった日本橋生活のブログは

東京マラソン観戦からはじまりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年3月 »